<馬知識>パドックの極意は峰不二子。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは。うめです。

急に寒くなりましたね。テンプレ通り風邪を引きました。やっちまった🤧

こんな早い時間から横になってやる事なくなってきたので、過去パドックを見てパドック眼鍛えてました。

 

パドック重視派ではないですし、大穴バシバシ当てるほどの眼力の持ち主ではないですが(いずれそうなりたいけど)

実力差の大きい平場レースでは、パドックのみ見て、3、4頭選ぶとワイドは取れるくらいには安定しているので、パドックの極意を少々!

 

うめ的パドックの極意

男も女も峰不二子を選ぶ。💃

 

要するに、ボンキュッボン、です。(特に腰とお尻)

胸厚、ウエストくびれ、お尻パーン!な馬です。

 

単純にスタイルがいい馬探すと、シュッと見えたけどトモが細すぎるとか

しっかり歩いてるように見えたけど実は太めなだけだった、とか

パドック見ながらミスジャッジも起きやすいもの。

 

ですので、まずくびれてるかチェック

くびれがある馬の、トモは大きくしまってハリがあるかをチェック!

(手綱引いてる厩務員さんに隠れがちだけど、できれば胸の厚さも)

 

大体、この峰不二子レベルが高い馬を3、4頭チョイスするだけで、馬券内の馬を選ぶことが可能です。

 

その他に確認する点は

▷ツヤ(毛色に左右されるので、目安程度)

▷極端に入れ込んでいないか(多少の入れ込みなら選んでOK)

▶︎第六感(馬のやる気・勝つ気・器・オーラなど)

 

最後の一つはバカにしているわけでは全然ありません。

いつも100%感じ取れるわけでなないですが、強い馬は勝ちを確信しているようなオーラを出してるようなときありませんか?格を表してるというか、心身の充実が滲み出ちゃってるような。(特に生・間近でパドック見ると感じる気がする)

そういう直感を受けた馬は、おさえておく方が得策です。

 

パドック見て馬を選んでから、人気を確認し、人気がなかった場合でも、自分の馬を見る目を疑う必要はありません。

その馬、買ってみましょう。

何か起きるとき、本当にありますから!!

 

競馬はロジックを曲げて当てにいく勇気も時には必要ですが

基本的に、一定のロジックを守り、当たるのを待つゲームだと思います。

 

自分の目に峰不二子を叩き込んで

人気にとらわれずに、馬券をいただくのも、また一興ですね😊

 

パドック眼は日々研究中なので、新たな発見があれば、また書きます。では!

 

競馬予想に使える知識・情報

競馬を予想するために必要な情報は、大きく分けてこの3つ。

①馬の実力(実績) ②馬のポテンシャル ③馬の調子

色々試した中で、私が活用し続けているサイト・書籍をご紹介します😊

 

①「馬の実力(実績)」を知るには

・極ウマプレミアム(日刊コンピ指数)

・吸盤データルーム(完全タイム差)

 

②「馬のポテンシャル」を知るには

③「馬の調子」を知るには

「人気=実力」とは言い切れませんし

実績だけじゃわからないときは、血統を見てポテンシャルを予想する必要もありますし

実績やポテンシャルがあっても、馬の調子に結果が左右されることもあります。

 

競馬をやってると色々状況に遭遇するけど

この3要素を組み合わせる事で、ほとんどのレースで根拠を持って予想する事ができます。ご参考までに^^


まずは馬の実力をチェック

コメント

コメントを残す

*