【馬券の買い方】軸がとぶ!タテ目ばかり!のあなたにオススメの馬券術。

馬知識

こんにちは、うめです。

今日は「軸がとぶ」「タテ目」が多い方への馬券術を紹介します!

【タテ目とは?】
軸馬が馬券内に来ず相手同士で決着し、馬自体は選ベているのに馬券が当たらないこと。

 

では、まず即参考にできるように結論から。

 

 

軸とび・タテ目対策の買い方

三連複フォーメーション ❶2頭ー❷1頭ー❸3~4頭

馬連フォーメーション ❶2頭ー❷3~5頭

【馬券を買うときの正確な表記】
三連複→2頭ー3頭ー6~7頭
馬連→2頭ー5~7頭
❶は❷❸に含まれ、❷は❸に含まれるので、馬券では❶から❸に向けて足し合わせた頭数の表記になります。

 

軸を決めるのは、点数が抑えられることが最大のメリット。

でも、軸馬が馬券内に来なかったり、相手同士で決まりタテ目決着が続くことはありませんか?

そういう時は、運か実力かはさておき「馬券低迷期」であることには間違いありません。

 

こういう時は流れに逆らわず、軸を複数設定した買い方をおすすめします!

 

三連複フォーメーション

三連複フォーメーション ❶2頭ー❷1頭ー❸3~4頭

 

【的中と回収を両立するポイント】
・❶に人気馬と中穴を選ぶ
・❷には無条件に1番人気を選ぶ
・❸には人気薄を含める

 

個人的に三連複フォーメーションはかなりおすすめです!

この買い方は、❶❷の計3頭のうち、2頭以上が3着以内に入っていればOK(相手は選んでさえいればOK)というもの。

三連複フォーメーションのいいところは、人気馬を絡めて軸とびやタテ目を防止しながら、高配当も同時に狙えるところです。

軸馬が3着までに入ればいいので、軸選定の難易度も下がります。

 

私の提案した頭数で買うと、点数は10点前後で収まります。資金に合わせて変更してください。

 

❶3頭ー❷3頭ー❸3~4頭でも選び方も同じですが、❷に無条件に1人気を据えるルールをわかりやすくするため、❶2頭ー❷1頭ー❸3~4頭の表記にしています。

 

馬連フォーメーション

馬連フォーメーション ❶2頭ー❷3~5頭

 

【的中と回収を両立するポイント】
・❶に人気馬と中穴(または人気薄)を選ぶ

 

これはの2頭のうち1頭以上が2着以内に入ればOK(相手は選んでさえいればOKです。

人気同士の決着だとかなりの程配当になってしまうので、混戦模様のレースで使用することをおすすめします。

こちらも点数は10点前後になります。

 

まとめ

個人的に使っていた技だったのですが、知り合いに教えたところ、的中・回収がグッと上がった例が多々あったのでご紹介させていただきました!

 

【特にオススメしたい方】
穴馬を選ぶ目はあるのに、馬券が取れず回収が低迷している方

 

気になる方はぜひお試しください!

コメント