サウジアラビアRCの感想。すごいぞグランアレグリア。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日のサウジアラビアRCは圧巻でしたね!

8頭立てで配当の妙味も薄く、どう考えても単勝1倍台のグランアレグリアが絡むとしか思えず、今回は見に徹しました、ので今回は未来のある2歳に関する感想を。

1着

グランアレグリア(父:ディープインパクト/母:タピッツフライ)

新馬戦同様、圧巻の実力でしたね。来年のクラシックでも名前を見ることになる馬でしょう。

出遅れから一気に2番まで脚を使ったにも関わらず、直線に入ってからもう一回突き放し、2着馬に3馬身以上の差をつけてゴールイン。

体重も+18kgで、筋肉をつけた以上に大きく、パドックもパッとしないように感じましたが。

 

それでも、これ。

 

ともかく持っている自力が桁違いであるとともに、気性や馬体にまだ改善の余地がある=もっと強くなる、という印象を植えつけてくれらレースっぷりでした。(ルメール騎手もさすがです)


2着

ドゴール(父:サクラプレジデント/母:ガイヤール)

8頭中7番人気でよくぞここまで!

回避したので、後付けの解説ではありますが、確かに新馬戦は重馬場も考慮するととても良いタイムだった。

さらに、パドックでは歩き方がしっかりしていたし、ツヤもあった。(途中ちょっとチャカつきましたが)

最近なかなか良い馬券を運んできてくれる津村騎手の手腕も相まって、最後の良い伸びでしたね。

多分、今後も人気爆発にはならないかと予想されますし、重馬場も得意そう。これからも配当妙味のある馬として存在してくれるのでは、と感じました。

 


3着

アマーティ(父:ルーラーシップ/母:アマファソン)

この馬に関して今日、おぉ!と思ったのが、色んなレース展開に対応できそうな柔軟性です。

後ろから差す競馬で上がり3F33.3の好タイムで制した新馬戦。

からの、先行策で粘り込んだ、今回のサウジRC。(上がり3Fは34.5と他の馬と比べても平凡)

周りの馬を見て、レーススタイルを変え、どんなポジションでも自分の実力を出し切れるタイプに感じました。

新馬、今回のサウジRCともに三浦皇成騎手。もう少し様子はみたいですが、手が合いそうな印象を受けます。引き続き乗って、磨いていって欲しいですね!

 


<おまけ>

4着:ドラウプニル

途中で馬が引き過ぎちゃいましたかね。しかし、そこから4着まで上がってくる脚。地力はある馬だと思います。今回の結果を受け、次走人気が下がるなら狙い目です。


 

年末の2歳G1に向けて、各若馬たちが準備を始めてきていますね!

今からクラシックが終わるまでの間はその馬を見るもっとも楽しい頃。

正直、実績ベースのデータ派の私は2歳戦、そこまでがっつり参加しないのですが、未来を見据えながらしっかり観戦していきたいと思います!

では、今週は毎日王冠・京都大賞典・凱旋門賞🇫🇷と美味しいレースが目白押し!

楽しんでいきましょう〜!

人気ブログランキングへ

コメントを残す

*