【競馬予想】「G2/ステイヤーズS」と「G3/チャレンジC」。アルバート回避で難易度が上がったステイヤーズは攻め気で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ数日寝ても寝ても眠いうめです。こんにちは。

もう1時なので、サクッとまとめます。

 

今日は重賞2本立て「G2/ステイヤーズステークス/2018」「G3/チャレンジカップ/2018」

競馬場の形状に特徴がある、中山と阪神の中距離と長距離。

それぞれのレースと馬の特徴を踏まえながら予想しました。

 

【G3 チャレンジカップ2018 予想】

◎ダンビュライト

〇レイエンダ

▲エアウィンザー

△トリコロールブルー、マウントゴールド、ステイフーリッシュ、ロードヴァンドール

 

予想方針

リーディング上位の欧州型産駒(芝2000mといういわゆるリーディング上位の強さと、準中山的な阪神の適性を併せ持っている血統であること)

キンカメ、ルーラー、ハービンジャー、母系から欧州型の特徴を持ったステイゴールドあたりに目をつけておりましたが・・・・

なんと、みなさま考えることは同じだったようで笑

上位人気6頭キンカメ、ルーラー、ステイゴールド独占じゃないかーい。(ハービンジャー産駒は出走してない)

でも、人気見てから色々変えて外れると、後から後悔するので、遊び心一点だけ注入しておきました。

参考:勝ち馬がわかる血統の教科書

 

予想詳細

◎ダンビュライト

ルーラーシップ産駒。中山阪神ともに適性あり。本命。

〇レイエンダ

キングカメハメハ産駒。競馬場を選場ないタイプですね、対抗。

▲エアウィンザー

キングカメハメハ産駒。レイエンダとともに実力は抜けてる印象です。阪神OKですが、◎〇より競馬場適性という意味ではちょっと下げた評価。

△トリコロールブルー

ステイゴールド産駒。この馬過小人気気味ですね。△の中でも積極的に選びたい。

△マウントゴールド

ステイゴールド産駒。

△ステイフーリッシュ

ステイゴールド産駒。距離が得意フィールドに戻ってきたのでは。期待。

△ロードヴァンドール

遊び心はこの馬。

逃げ馬から面白いの一つ選ぼう。ということで、そこそこ力あるのにめっちゃ休み明け、鉄砲適性も読みきれない実績、ドラマチックなノリさんだし、アポジー選ぶよりちょっと面白そう。ってことでこっち。

 

【G2 ステイヤーズステークス2018 予想】

◎モンドインテロ

〇リッジマン

▲コウキチョウサン

△トウシンモンステラ、マイネルミラノ、アドマイヤエイカン

 

予想方針

アルバート回避で一気に難易度上がりましたね!!

長距離なので①騎手の長距離適性をもっとも評価します。

ついで②馬や騎手の競馬場適性を評価します。

 

◎モンドインテロ

ビュイック騎手買いです。欧州の騎手ですから、長距離は得意と見ます。

〇リッジマン

蛯名騎手買いです。長距離は信用しています。

▲コウキチョウサン

ダイヤモンドS3勝の実績北村宏騎手買い。フェイムゲームの2連勝を思い出したい。

△トウシンモンステラ

実はここ3年の調教実績は蛯名騎手と同等。馬が弱すぎの懸念がありますが、騎手買と決めたからには、おさえます。

△マイネルミラノ

6走前と遠いですが、中山のAJCCで、ころっと3着にきたことを思い出しました。

中山適性か??くらいの実績ではありますが、この拮抗メンバーなら「中山適性あり」ととらえてもいいと思いました。

△アドマイヤエイカン

中山適性があるのは田辺騎手、の買い。

人気すると負けちゃう節はありますが、中山巧者頑張れ。

 

以上です。

チャンピオンズカップは、焦らずに書けるよう、今日中には仕上げたいと思います。

今日も頑張りましょう〜😪

うめ推奨 競馬予想書籍5選

①競馬の教科書

基本はここで!

②血統の教科書

実績だけじゃはかれない適性を知ることができる「血統」を学ぶ。

③馬体は語る

馬の調子を見極める。一口馬主やPOGで馬を選ぶ時に。

④馬場の全てを教えます

競馬の結果を左右する「馬場」の知識をしっかりと。

⑤京大式最強の馬券セミナー

知識だけじゃなく、実践的なメソッドやセオリーを知りたい方へ。


競馬の書籍をもっと見る

コメントを残す

*