【予想】日経新春杯2019。荒れないハンデ戦・・・なのか?

予想・結果・感想

こんばんは、今日は悲しいことがおきましたね。

フェアリーSにて、アマーティが入線後心不全で亡くなってしまいました。

なんとも言えない気持ちです。安らかなお眠りをお祈りいたします。

 

さて、明日の日経新春杯の予想です。

「続きを読む」以降は、悼む気持ちを持ちながらも、いつも通りの話し口に戻します。

【2019 日経新春杯 予想】

◎ムイトオブリガード

〇ウィンテンダネス

▲シュペルミエール

△グローリーヴェイズ

☆サラス

 

予想方針

過去5年間を見ながら、「荒れないハンデ戦」とたかをくくっていましたが、これ・・・荒れない?ん?

メンバー見ると混戦もありそうだなと感じています。

そして、このレースは馬柱・過去データ・調教色々眺めても、重視する方針を定めきれませんでした。

そのため、いつもみたいな割引割増の総合点評価ではなく「信じて買いたい何か」を持っている馬のチョイスにしました。

 

予想詳細

◎ムイトオブリガード

グローリーヴェイズとの2強ムードであれば、こちらを選択したいです。

東京専用の懸念はありますが、今の京都は直線短めとは言え上がりのスピードを持っている馬達に軍配が上がりがちなので、前走上がり32.5秒は評価したいと思いました。

そして、個人的に信頼No.1の川田騎手。よろしくお願いします。

 

〇ウィンテンダネス

記憶に新しいレコード更新馬続出の「2018年ジャパンカップ」で8着。

当時のレコード2:22.1に0.2秒差に迫る「2:22.3」で走り抜けました。

また、ジャパンカップの激走、2018年目黒記念制覇、オープン昇級全て、今回鞍上の内田騎手とともに達成したもの。

JCの激闘経験者の底力を、G2の舞台で爆発させてほしいです。

 

▲シュペルミエール

切りたい要素なし。追い切りの元気よさと力強さが良い。

 

△グローリーヴェイズ

クラシックで掲示板の馬は軽視できないけど、微妙に休み明けの絶妙な不安。

 

☆サラス

斤量49kg!49kg!

この馬こんなに弱くないでしょう。

前目から上がり時計出せるタイプだし、それなりに力が必要な今の京都芝に対応できる実績と血統。

コメント